1971年11月

1931年米国に宝石学教育機関としてロバート・M・シプリー氏が設立したGIA(Gemological Institute of America)の日本における代行機関として日本宝石鑑別協会(Association of Japan Gem Trust)を創立、宝石学教育並びに宝石の鑑定・鑑別業務を行う。

1976年2月

大阪支部開設、宝石学教育並びに宝石の鑑定・鑑別業務を行う。

1978年10月

日本宝石鑑別協会よりラボ部門を分離し、株式会社エージーティ・ジェム・ラボラトリーを設立。

1981年7月

当社を含む29社により宝石鑑別団体協議会(A.G.L)(2008年12月一般社団法人となる)を設立。

1984年10月

GTL(GIA のラボ部門)レポート(英文)発行。

1989年10月

ダイアモンドグレーディングレポートに“カットガイドライン”表記開始。

1990年6月

東京税関により鑑定機関としては初めて保税上屋(現呼称 保税蔵置場)の許可を得る。

1993年8月

親会社の日本宝石鑑別協会がGIA JAPANに名称変更。

1996年9月

宝石鑑別団体協議会(A.G.L)の“ダイアモンド・マスターストーン(カラー)認定制度”スタートに伴い認定ナンバーの表示開始。東京ラボNo.025/大阪ラボNo.026

2000年2月

GTLレポート発行終了。

2001年~

華標(はなしるべ)レポートを始めとしたAGT独自の様々なレポートの発行開始。

2006年4月

GIA Facet WareによるGIAカットグレード導入。

2007年4月

GIAラボダイレクトサービス開始。

2010年7月

GIAラボダイレクトサービス終了。