ラマン分光測定装置

ラマン分光測定装置

宝石の鑑別、宝石の内包物の同定、フォトルミネッセンス分光法によるダイアモンドのHPHTプロセスや合成ダイアモンドの看破など様々な検査に使用しています。

ラマン分光機を使用したフォトルミネッセンス分析は合成ダイアモンドと天然ダイアモンドの識別やダイアモンドの色処理の看破などに非常に有効な検査であり、特にHPHTプロセスは紫外可視分光や赤外分光での看破は不可能なので、フォトルミネッセンス分析は必須となっています。

AGTではⅡ型の特徴を持つダイアモンドにはすべてフォトルミネッセンス分析を行い、処理ダイアモンド、合成ダイアモンドの識別をしています。

紫外可視分光光度計+試料冷却装置

ファンシーカラーダイアモンドの「色の起源」等を調べることができます。紫外から可視領域の光の吸収スペクトルを測定します。

赤外分光光度計

ダイアモンド中の微量元素である窒素の含有量を精密に検査することができます。また、様々な宝石の鑑別において非常に重要な役割を果たす分析装置です。

赤外顕微鏡システム

顕微鏡で拡大しながら赤外分光検査を行うことができるため、枠についたダイアモンドでも一つ一つのダイアモンドのタイプを調べることができます。メレサイズのダイアモンドも検査可能です。

エネルギー分散型蛍光X線分析装置

宝石に含まれる元素の種類や含有量を検査することができます。化学周期表のNa(ナトリウム)からU(ウラン)までの元素が対象です。例えば、鉛ガラス含浸処理ダイアモンドのPb(鉛)検出やパライバトルマリンの成分分析が行えます。

DiamondCheck TM

GIAにより開発された新型の装置で、カラーグレード D〜N までのダイアモンドが対象です。ダイアモンドのタイプの選別を迅速に行うことができます。

DiamondView TM

ダイアモンド ビュー

DTCにより開発された装置です。極短波紫外線を照射した際に現れるダイアモンドの成長構造により、天然ダイアモンドと合成ダイアモンドを区別することができます。